台湾のB級グルメ「肉圓(バーワン)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
台湾のB級グルメ「肉圓(バーワン)」

やはり誰もが安くて、美味しいものが好きであろう。しかし、日本人が台湾へ旅行に行くと小籠包などの高級な料理に走ってしまいがちです。今回ご紹介するのは台湾の庶民的なB級グルメで、日本にはない食感が楽しめる料理です。

台湾のB級グルメ「肉圓(バーワン)」

台湾のB級グルメ「肉圓(バーワン)」

「肉圓(バーワン)」は台湾を代表する料理らしく、以前、私が耳にした話では、台湾人が海外へ長期で行って台湾に帰ってきたら真っ先に食べたい料理というのが、この「肉圓」だそうです。

その「肉圓」とは、台南発祥の料理らしく、また「バーワン」というのは台湾語での発音だ。中国語読みだと「rou4yuan2」。

台湾全土で目にすることができる楕円形の庶民的料理で、半透明のプニプニした米粉やサツマイモ粉で作られた皮の中に、豚肉やタケノコが包まれています。(簡単にいうと豚まんの中身が半透明の米粉の皮に包まれている)

そして、そのプニプニした白い物体に甘辛いタレが掛けられています。初めて食べる時は、ルックス的に躊躇してしまうかもしれないのですが、この食感などにハマってしまいます。

台湾でも地域によって少しずつ作り方に差異があり、この白い物体を揚げる地域もあれば、南部では蒸すのが主流だったりします。

台湾のB級グルメ「肉圓(バーワン)」

台湾のB級グルメ「肉圓(バーワン)」

この夜市などで見かけることができる料理は、日本でもネット上で話題となりました。
あのジブリ映画「千と千尋の神隠し」の中で食べられているプニプニしたものは「肉圓」なのではないか?!との論争が繰り広げられたこともあります。

台湾のB級グルメ「肉圓(バーワン)」

台湾のB級グルメ「肉圓(バーワン)」

真相は定かではありませんが、モチモチして美味しいと思うのですが、日本人には好き嫌いが分かれるそうです。
安くて1個から注文できますので、夜市などで見かけた際は、旅の記念に是非トライしてみてはどうでしょうか。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*