懐石風もデザートも充実!素食でヘルシーなベジタリアンダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
画像提供:台湾観光局/台湾観光協会

日本では糖類制限ダイエットや野菜を多く摂る健康的な食生活に関心が高まっていますが、食べることが大好きな台湾人は、大陸の影響か、「医食同源」や漢方、薬膳料理など、かねてより健康的な食事に高い関心を持っています。そのような経緯もあってか、古くから「素食(スーシー)」と呼ばれるベジタリアン食が定着しています。多くの人にとっては宗教的な制約などが理由で、素食では湯葉、豆腐、グルテン、こんにゃくなどの食材を使い肉や魚に近い食感や味付けを出す工夫をして、ベジタリアンではなくても食べやすい料理に仕上げています。

台湾人は、10人に1人は「素食家」と言われるほどで、街中に素食と書かれた飲食店が多いことに気づきます。驚くなかれ、コンビニにも素食のフードが売られていたり、普通のレストランでも素食メニューがあるところが多く、ベジタリアンにとってはパラダイス。また、種類も、台湾・中華風のみならず、和食風、イタリアン風などとバラエティー豊かで、飽きさせません。セルフ式の自助餐で素食を提供するレストランに行くと、何を食べようか迷ってしまうほど種類が豊富なこともあります。台湾にいると簡単にベジタリアンになれる気がします。

台湾なら、素食で懐石料理風だって楽しめる

画像提供:台湾観光局/台湾観光協会

画像提供:台湾観光局/台湾観光協会

「素食」と一口に言っても、実践する人の動機は様々で、レストランでも厳格さに差があります。例えば、肉魚は禁止だけど、卵や牛乳などは食べられるとか、それらも禁止だったり、ニンニクや玉ねぎなどの刺激物も禁止だったり、稀に出汁は動物由来を使っていたり、と言った具合。差がある理由は、素食を実践している動機が宗教的な信条、健康や美容のため、アレルギーがある、などと様々で、店主の考えを反映することが多いためです。
店主の考えを反映しているお店の一つをご紹介します。台北にあるFresh Bakery & Café Taipeiは、天然酵母と老麵發酵と呼ばれるサワードウを使用した、台湾で最初にできたビーガン(動物性の食材を口にしない主義)向けベーカリー&カフェだそうです。なんでも、元々インドご出身の店主のRaviさんが、卵と牛乳アレルギーの娘さんの誕生日にケーキでお祝いしたかったことが、お店を立ちあげたそもそもの動機だとか。愛情ですね!合成着色料や人口調味料などの化学的な成分は一切含まず、これらの成分にアレルギーのあるお子さんでも安心して食べていただけます。でも、写真を見ると、本当に卵や乳製品を使っていないの?と信じられないくらい美味しそうです。日本にもお店があればいいですね。Raviさんは海外にも支店を出す夢を持っておられるようです。フランチャイズに興味のある方は尋ねてみてください。

まるで生クリームを 使ったようなケーキ、美味しそう!

画像提供: Fresh Bakery & Café Taipei

画像提供: Fresh Bakery & Café Taipei

イタリアンっぽいパンも自家製天然酵母による発酵

画像提供: Fresh Bakery & Café Taipei

画像提供: Fresh Bakery & Café Taipei

店主のRaviさんは元々インドの出身、お嬢さん思いの優しいお父さん

画像提供: Fresh Bakery & Café Taipei

画像提供: Fresh Bakery & Café Taipei

お店の常連のお客さんたちとRaviさん(右)

画像提供: Fresh Bakery & Café Taipei

画像提供: Fresh Bakery & Café Taipei

Fresh Bakery & Café Taipei: 台北市南港區忠孝東路六段466號
最寄り駅:MRT昆陽
Tel: 02 2783 1339
営業日:月~土 午前11:00~午後09:00、日曜日休み

Facebookはこちら

YouTubeはこちら


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*