鶏肉飯(ジーロウファン)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
鶏肉飯

台湾も日本と同じでお米を多く食べる国です。そのためご飯系の料理が多くあり、これが日本人には嬉しいとこでもあります。
そこで、今回は台湾の代表的なご飯系料理の1つを紹介させていただきます。

鶏肉飯

鶏肉飯

台湾の代表的なご飯系料理は、
1.魯肉飯(ルーローファン)
2.排骨飯(パイコーファン)
3.雞肉飯(ジーロウファン)
この3点だと思います。今回は、そのなかの1つの「鶏肉飯/雞肉飯(ジーロウファン)」をピックアップしてみます。

「雞肉飯」は、台湾中南部の都市である嘉義(ジャーイー/かぎ)の名物と言われています。そのため、台北や他の都市にある「雞肉飯」の店でも屋号に「嘉義」を使っているところも多いようです。

鶏肉飯

鶏肉飯

そして、その「雞肉飯」は白いご飯の上に細く糸のように裂いた鶏肉に、鶏の脂や甘辛いソースを掛けた非常にシンプルな料理です。脂身もさっぱりしており、何杯でも食べたくなってしまう一品です。
また、「魯肉飯」と同じで店舗ごとに味の違いがあり、毎回楽しむことができます。

この「雞肉飯」は、ツアーで連れて行かれるような、少しお値段の張るレストランでは取り扱っていないかもしれません。しかし、台湾全土の食堂のような、お客さんで混み合っている店では口にできるでしょう。

鶏肉飯

鶏肉飯

また、台北よりも南部のほうで「雞肉飯」の看板を目にする機会が多いかもしれません。北部では「魯肉飯」を満喫して、南部では「雞肉飯」に舌鼓を打つご旅行も台湾の食を満喫することができ、非常に有意義なものでしょう。
勿論、本場の地である嘉義に訪れて「雞肉飯」を口にするのが1番よいでしょう。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*