高速鉄道の起点 南港

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
高速鉄道の起点 南港

台湾を結ぶ台湾高速鉄道ですが、近年停車駅も増えより便利になっています。最近まで高速鉄道は台北が北の起点でしたが、2016年7月1日から北の起点は南港です。台湾で高速鉄道に乗ってみるというのはひとつの楽しみです。それで南港を訪れる観光客も増えることが予想されます。

高速鉄道の起点 南港

高速鉄道の起点 南港

南港は地図上では台北の東に位置する都市になります。台北から南港に行くには地下鉄の青色の路線(板南線)を使い南港展覽館という場所が終点になります。茶色の路線(文湖線)も南港展覽館に直結し松山空港からの直接のアクセスも可能です。南港からの始発の高速鉄道を試してみたいという場合は地下鉄の終点ではなく最寄り駅は南港になります。地下鉄でなく普通の鉄道でも南港駅へのアクセスは可能です。南港から台北までの高速鉄道での所用時間は8〜9分程度です。

もしタクシーを利用して南港に移動する場合、松山空港からは20分程度、桃園空港からは40~50分程度の距離になります。

地下鉄駅の名称にもなっている南港展覧館はイベント施設です。車、電子機器、食品の展示会、国際的なイベントなどを含めて様々です。かなり大きな施設ですがフードコート等もあり、南港を訪れた際はちょっと寄ってみるのも面白いかもしれません。

南港展覧館

南港展覧館

南港展覧館のホームページはこちら


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*