神農街(シェンノンジエ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
神農街(シェンノンジエ)

台南は「台湾の京都」と呼ばれることもあり、多くの歴史を感じられるものが残されています。日本人の台湾ファンには、台南が好きな方が多くいるようで、台南の建築物やグルメなどが人気の理由なのでしょう。

神農街(シェンノンジエ)

神農街(シェンノンジエ)

台南の神農街(シェンノンジエ)と呼ばれるエリアでは、ノスタルジックな建物が多く残されています。わずか数百メートルの通りなのですが、今もここで生活されている昔からある住居と、そのレトロさを生かしたカフェやギャラリーが並んでおり、訪れる人々をタイムスリップさせてしまう時間を過ごせます。

神農街(シェンノンジエ)

神農街(シェンノンジエ)

この台南駅からタクシーで約10分くらいで来れるエリアは、台南観光のハイライトの1つです。

昼間は、この細い道をのんびりと散策しながら、カメラを構えてゆったりと過ごすのが良いでしょう。ウォールアートやレトロな感じは明るいうちに楽しみましょう。

そして、日が傾いて空が闇に覆われていくと、通りはライトアップがされ幻想的な雰囲気を味わえます。昼と夜とでは見せてくれる顔が違い、灯された明かりは風情を感じさせてくれます。
のんびり歩いて雰囲気を楽しんだり、写真撮影に勤しむのも良いです。

また、この「神農街」から出た大通りの「海安路」では飲み屋も多く賑わっています。歩道や店の前などにテーブルやイスが並べられた店舗も多く、オープンな感じなので入りづらさなどは感じませんよ。「神農街」に訪れたあとに、食事をしたり、軽く1杯してくことができます。

神農街(シェンノンジエ)

神農街(シェンノンジエ)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*