淡水紅毛城(Fort San Domingo)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
淡水紅毛城

台北からMRTの淡水線に乗車し、終点まで乗っていくと「淡水」という観光地に着きます。その海が近いスポットでは、のんびり海を見て過ごしたり、カフェでゆっくりしたり、海沿いにある店で食べ歩きなどもできます。その淡水にある、歴史的な観光地を今回は紹介致します。

淡水紅毛城

淡水紅毛城

それは紅毛城(Fort San Domingo)とよばれるところです。
アクセス方法は、台北駅からですと、MRTの淡水線で終点の「淡水駅」まで行き、淡水駅からはバスに乗り「紅毛城」で下車すれば、バスストップからすぐのとこにあります。また、淡水駅から徒歩で行った場合でも1km~2kmくらいの距離ですので、台湾の街並みを散策しながら目的地へ向かうのも楽しいかもしれません。

そして、紅毛城は1629年にスペイン人によって建城されたものです。その後、オランダ人に改修され、イギリス領事館としても使用されていたなど、少々、台湾の複雑な歴史に翻弄された感がある場所です。それから、1980年代にようやく台湾のものとなりました。
敷地内はこの赤いレンガ色の建物と緑が多くあるので、そのコントラストが美しいかと思います。

淡水紅毛城

淡水紅毛城

また、立地としてここは、淡水河を見下ろすことができる小高い丘の上に、この赤レンガ作りの洋館は建っています。そのため、淡水自体がもともと夕日鑑賞として有名な土地柄ですが、台湾の若い人たちは、天気の良い日少し坂の上にあるこの場所を目指してバイクで攻めてきます。近くには大学もあるため、どうやら平日でも人気のスポットのようでした。
淡水観光の締めくくりに来られることをオススメ致します。

淡水紅毛城

淡水紅毛城


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*