本当にお得?MRTのいろいろな乗車券

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
乗車券

日本でも各地を旅行する場合フリーパスや1日乗車券といったものが便利でお得な場合があります。台湾でも地下鉄利用でもいろいろなタイプの乗車券が準備されており、旅行プランによってはそれらの乗車券がお得です。

用意されているいくつかの乗車券は
「一日乗車券」150元
「24時間券」180元
「48時間券」280元
「72時間券」380元
となっていて,一日券は指定の一日が乗り放題になります。
その他の○○時間券は改札通過から連続○○時間の利用が可能になります。

乗車券

乗車券

乗車券

乗車券

では、これらのチケットは本当にお得なのでしょうか?
例えば台北車站を起点に,
台北車站→台北101→東門→淡水→台北車站という三カ所を回るプランの場合、普通チケットであれば順に25元、20元、55元、50元でちょうど150元になります。

さらに1ヶ所「士林」を追加して台北車站→台北101→東門→淡水→士林→台北車站と四カ所回ることができれば普通チケットで25元、20元、55元、40元、25元でちょうど165元。

値段的には,一日乗車券が生きてきます。

上のプランは台湾旅行お勧めルートです。値段は乗車距離によるのでいちがいに何箇所まわればお得とはいえませんが、少なくとも三カ所以上の下車が目安になるかもしれません。

「一日乗車券」と「24時間券」の差額は30元。もし上のプランが午後のスタートであれば翌日午前をMRTの利用に使えるので、プランの開始時間によっては「24時間券」の利用がお得になる場合もあるでしょう。しかしチケットの有効期限時間に注意が必要です。

これらチケットは各駅の窓口で購入できます。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*