夢時代購物中心(ドリームモール)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
夢時代購物中心(ドリームモール)

みなさんも海外旅行で他国に行った際に、その国のスーパーやデパートに行ってみたいと思ったことはないでしょうか。そのような商業施設へ訪れることにより、地元の人が日頃どのような休日を過ごしているかや、その土地ごとの特徴などが分かってくるかと思います。
台北のデパートなどはすでに皆さんご存知かもしれないので、今回は高雄にある人気ショッピングモールを紹介したいと思います。

夢時代購物中心(ドリームモール)

夢時代購物中心(ドリームモール)

そのショッピングモールは夢時代購物中心です。別名でドリームモールとも呼ばれているようです。MRT紅線の「凱旋駅(がいせん/カイシュアン)」が最寄駅です。歩いて夢時代までも行けますが、徒歩だと約10分くらい掛かります。駅の出口を出ますと無料送迎バスも定期的に走ってますので、そちらを使用するのも良いかと思います。

このモールはアジア最大?!とも言える広々とした敷地に多くのテナントが入っています。日本の阪急百貨店やニトリ、または欧米の店舗もあります。結構、日系の企業が多く入っており、台湾人が日本のモノに対してどのような印象を持っているかなど観察?!もできて楽しく過ごせます。

また、各フロアごとにテーマが設けられているようで、色々見ていると1日過ごせるくらいの時間が必要です。そして、ブランド品も扱っているので外国人旅行者にとっては1度にたくさん買い物ができ、また免税にもなるので良いかと思います。

夢時代購物中心(ドリームモール)

夢時代購物中心(ドリームモール)

それから、フードコートも充実しています。日本食の店も多いですので、もし台湾の料理に疲れてしまったときなどは、気分転換に日本の料理を口にするのも良いかもしれません。

夢時代購物中心(ドリームモール)

夢時代購物中心(ドリームモール)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*