台湾のwi-fi事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
台湾のwi-fi事情

旅先での情報収集や各種予約など、インターネット接続は今や旅には欠かせません。契約キャリアによる海外パケット定額利用も良いけれど、つながらないこともあり割高に感じたことはありませんか。そんなとき、IT先進国の一つである台湾では、公衆無線LANが充実していてとても便利です。そんな公衆無線LANの代表格を幾つか紹介します。

●台北無料公衆無線LAN タイペイフリー

– 台北市政府によるサービス
– 日本国内で事前にインターネットで登録手続きを行える
– 松山空港、台北駅、各MRT駅、観光スポットなどにある台北市各ツーリストサービスセンターでパスポートとメールアドレスを提示すると、サービス担当者がアカウントを作成してくれる。
http://www.tpe-free.taipei.gov.tw/tpe/JP-TPE-Guide_Foreigner.html
http://www.travel.taipei/frontsite/en/cms/cmsAction.do?
method=goCMSDetail&contentId=295&menuId=1030202(英語)
– サービスエリア 台北市の主要公共エリア

●iTaiwan(愛台湾)

– 行政機関が運営する公衆無線LANサービス
– 台北以外も台湾全土をほぼ網羅
– 空港内の観光局の窓口や全国各地の旅客サービスセンターでパスポートを提示すればアカウント申請手続きができる
– 政府機関、観光名所、駅、公共の郵便局や図書館といった学術・文化施設、などwi-fiスポットが5000か所以上
– iTaiwanの登録で、台北市政府のタイペイフリーや新北市政府のニュータイペイ、台中市政府のiTaichung、台南市市政府の台南Wifiなども利用可能!

●セブンイレブン
利用に一部制限はあるものの、日本のセブンイレブンと同様に、台湾でも無料でwi-fiサービスを受けられる
– 日本で事前に登録することも可(中国語)
– セブンイレブンは日本と同様、店舗数が多い

●ミスターブラウンコーヒー 伯朗咖啡館
台湾版スタバかドトールのようなカフェ。軽食からデザートまでコーヒー以外にも扱っているところも。Wi-fiは登録不要で簡単アクセス、また、店舗によっては充電もできる。

なお、日本と同様、全ての公衆wi-fiサービスが無料なわけではないことや、セキュリティー対策は必ずしも万全ではないことなどに注意してください。

台湾のwi-fi事情

台湾のwi-fi事情


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*