台湾の街中で見かけるインターホン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
台湾の街中で見かけるインターホン

台湾旅行でふつうの街中を歩くのも一つの魅力ですが,ここでは台湾のインターホンがどうなっているのかに注目します。

日本でもここ数年オートロックのマンションやカメラ付きインターホンなどが増えてきていますが、台湾の現状はどうなのでしょうか?

都市部では日本と同じでオートロックのマンションが増えています。マンションには管理人がいて一般的な人の立ち入りは難しいです。
また大きなマンションでも外にインターホンが必ずしもあるとは限らず管理人の方にだれの家に行きたいかを伝えてマンション内に入る場合もあります。
一般的な家庭には呼び鈴がある場合もありますが、これも日本同様で田舎ではインターホンがない家庭や壊れている場合もあります。

インターホンは中国語で「對講機(トイジャンジー)」といいます。台湾国内でしばしば見かけるタイプのインターホンは下の写真のようなタイプです。右と左で家庭が分かれていて,階が記されています。赤いボタンを押すとビーッと音がして、中のインターホンとつながっています。中から施錠を解いてもらえれば中に進めます。内外でコミュニケーションが取れます。

台湾の街中で見かけるインターホン

台湾の街中で見かけるインターホン

下の写真のようにカメラ付きインターホンも最近は増えています。普通のピンポーンの音ではなく音楽の流れるタイプのものもあります。カメラ付きインターホン左の白枠のものも呼び鈴で押すとピピピピッと音がします。

台湾の街中で見かけるインターホン

台湾の街中で見かけるインターホン

インターホンひとつ見ても日本と台湾の違いはさまざま、街中での小さな違いや発見もとても面白いです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*