中正紀念堂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
中正紀念堂

最近では日本にも多くのLCC(格安航空会社)が乗り入れ、週末のみを台湾で楽しいひと時を過ごされる方もいるでしょう。もし、日程的にタイトで台北だけしか訪れる時間がないときは是非この「中正紀念堂」へ行かれるのが良いかもしれません。

中正紀念堂

中正紀念堂

この「中正紀念堂」はおそらく、「TAIPEI101」や「故宮博物館」と同じくらい台湾で有名な観光名所だと言えます。

ここでは、日本ではあまり感じることがないようなスケールの大きい建築物が待ち受けています。中正紀念堂は、中華民国の初代総帥である蒋介石に讃えるために造られたもので、「中正」とは蒋介石の本名です。

25万平方メートルの広大な敷地も有しているこの広場には、メインとなる紀念堂のほか、コンサートホールとして使用されている国家音楽疔、伝統的な演劇公演が催される国家戯劇院がある。また、敷地内には緑豊かなエリアもあり、若者がダンスの練習をしていたり、ランニングしている人も多く見受けられます。

中正紀念堂

中正紀念堂

紀念堂の内部にも入ることができ、台湾の歴史を感じることもできますが、観光客として最もここで楽しむことができるのが、徴兵の交代式でしょう。

午前9時から午後17時までの毎正午に約10分間行われるこのイベントに多くの観光客が集まって、カメラを構えます。

中正紀念堂

中正紀念堂

徴兵の方々が足並みを揃えた動きは圧巻と言えます。静寂の中に鳴り響く、足音、銃を床に叩きつける音など一挙手一投足がかっこよく見えます。
そして、交代をして来た新しい徴兵は、その後の1時間、直立不動をキープし、蒋介石像を護衛します。

この式は多くの人が訪れますので、毎正午の10~15分くらい前から、良い場所をキープしとくと徴兵さんのかっこいい写真が撮れるでしょう。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*