バスの乗り方(台北)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
バスの乗り方(台北)

短い旅行ではタクシーの利用は便利ですが、台北のバスは料金15元で乗ることができます。バスのシステムは日本と違って少し複雑ですが、もしも行き先が決まっている場合などはバスのルートをネットなどで調べることができます。バスには系統の路線ナンバーがあるので、それに基づいて乗り場や行き先を検索します。バスの時刻や経由を乗せたアプリもあり、乗る場所によってはほとんど正確に組織されています。

バスの乗り方(台北)

バスの乗り方(台北)

バスの乗り方(台北)

バスの乗り方(台北)

支払いは短い期間であれば15元になりますが、「二段票收票」制度というのがあり、乗車位置からある分岐点を超えると料金が加算されていきます。しかし遠出でない場合は短い期間であれば15元、ある区間を超えた場合は2倍の料金になると考えるとわかりやすいかもしれません。どの区間を超えたら2倍になるかは各バスの分岐点によるので、バスごとの路線図を確認する必要があります。

先払いなのか、後払いかは乗り位置により指定されており、バスの前方に指定されています。基本的には前から乗る場合は先払い、後方から乗る場合は後払いと考えてよいでしょう。

もし悠遊卡(ICカード)を使って支払う場合は、15元であれば1回のタッチで済みますが、2倍料金の場合は2回のタッチが必要になります。場合によっては乗車の際に1回、降車の際に1回での合計2回になる場合もあります。この点が日本と違うので注意が必要です。現金支払いの場合は乗降の場合に必要な分を支払えば問題ありません。

下のサイトでも台北のバスの動向を確認できます。
台北のバスの動向


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*